MENU

プロミスのおまとめローンを利用して、複数の借金を完済しましょう

おまとめローンという言葉を聞いたことがありますか?おまとめローンとは複数の借金を1社からの借り換えで1つにまとめ、返済の負担を軽減させることによって完済を目指す返済方法です。複数の借金を持っていると返済日が複数になり管理するのが困難になってしまい自転車操業などに陥る原因になってしまいます。そうなることを防ぐのがおまとめローンです。おまとめローンを受けられる会社は多くありますが、中でもプロミスはおまとめローンを利用するには適していると言えます。

 

プロミスプロミスのおすすめポイント

 

銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMFGグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

プロミス

 

 

プロミスの特徴は以下の通りです。

  • 借入限度額は借換対象の借金の総額です
  • 年収1/3以上の借入を規制する総量規制は対象外です
  • 追加の借入はできません
  • 銀行、クレジットカードの借り換えは対象外です
これらの特徴はプロミスに限らず、どの会社のおまとめローンでも言えることですが、中にはプロミス独自の特徴もあります。その1つとしてはおまとめローンの申込方法についてです。通常の借入であればネットからの申込が行えますが、おまとめローンの申込は窓口か自動契約機に限られます。マイナスに思えてしまうようなものもあるかもしれませんが、プロミスがおまとめローンに適していることに変わりありません。今回はそのおまとめローンについて紹介していきます。

 

プロミス自らが借金の返済を行います

 

他社のおまとめローンの場合、通常の借入と同じように借入金は利用者の手に渡ります。そしてそのお金で利用者自らが各会社への返済を行うわけですが、プロミスの場合はそれと異なります。利用者が申込を済ませ通常のように審査に通過した後、借入金は利用者の手に渡らず、プロミス自らが各会社への返済を行います。一見違和感を感じるかもしれませんが利用者はいちいち返済の手続きをすることもありませんし、振込にかかる手数料も浮かせることができ、より一層とプロミスへの返済に集中することができます。

 

間違ってお金を使い込むリスクがありません

 

おまとめローンには、年収1/3以上の借入を規制する総量規制がかからないため通常よりも高額なお金を手にすることができます。そのお金に手をつけず真っ先に返済ができれば良いのですが、人間必ずしもそう行くとは限りません。万が一おまとめローンのお金を使い込んでまっては元も子もありません。しかしプロミスのおまとめローンでは、利用者の手にお金が渡ることがないのでそのようなリスクを考えることもありません。自転車操業は最悪の場合、自己破産にまで陥ってしまう危険な状態です。念には念を入れ、本当に現在の状況を打破したいと考えるのであればプロミスのおまとめローンを利用しましょう。

 

プロミスのおまとめローンの注意点

 

このようにプロミスのおまとめローンは、他社とは異なる独自の特徴を兼ね備えているのですが、その反対に注意しなければならないことも幾つか挙げられます。

 

  • 借換対象額を超えた借入はできません
  • 追加の借入はできません
  • 銀行、クレジットカードの借り換えは対象外
まず、当然ですがおまとめローンは複数の借金を返すためにする借金ですので借入できるのはその範囲内の金額です。あくまでも返済のためということを忘れないようにしましょう。また、プロミスのおまとめローンはどの借入金にも対応しているわけではありません。銀行やクレジットカードの借金はおまとめローンでは借り換えることができないため、複数の借金を抱えている方は事前にその種類を確かめておくことが必要です。それに追加での借入もできないため、できるだけ先のことを考えておきましょう。

 

まとめ

以上がプロミスのおまとめローンについての詳細です。追加の借入ができないため高額な借金返済で生活に支障が出ることもかんがえられます。しかしそれはおまとめローンを利用しなくとも同じことです。借金完済の手段としてはプロミスのおまとめローンをおすすめします。不安がある方は、借入シミュレーションなどを活用してみるのも良いかもしれません。

 

プロミスへの申込みはこちら

プロミス独自の即日融資「瞬フリ」!

 

キャッシング利用で最も優れている点はその利便性にあります。保証人や担保を立てる必要もなく特別審査がきびしいわけでもありません。多数設置されている自動契約機であったり、ネットやアプリから申込ができるなどのサービス性もその魅力の1つでしょう。しかしその中でも特に利用者のニーズに応えているのが即日融資の存在です。

 

手軽に利用できるキャッシングは急な出費にも対応しており、自動契約機を使えば夜遅くであっても借入を行うことができます。また、口座振り込みの場合でも14時までの申込完了で当日中の借入ができるため窓口や自動契約機に足を運ぶ余裕がない方でも簡単に即日融資が受けられます。さらにプロミスでは即日融資に力を入れているため最短30分での審査結果が臨め、1時間ほどで借入までを終えられます。少しでも早い借入を希望するのであればプロミスの利用が最適でしょう。今回はプロミスの即日融資について詳しく説明していきます。

 

土日祝日、夜遅くの利用には自動契約機

口座振り込みでの即日融資を希望する場合には、14時までの申込が条件になってきます。これは銀行の営業時間と関係しているためこの時間を過ぎてしまうと当日中の借入は期待できませんし、当然土日祝日も利用することはできません。しかし中にはその時間帯だと都合がつかない方もいると思いますので、そういった方には自動契約機の利用をおすすめします。これはカード発行をしてATMで借入を行う方法です。自動契約機は窓口に比べて遅くまで営業していますし、その数も比較的多いです。設置場所ごとに多少の誤差はありますが、平均的には21時までの利用が可能なのも特徴です。自動契約機から申込を行うこともできますが、理想的な形としてはネットで申込を済ませてから結果次第で足を運ぶのが良いでしょう。これならば無駄足を踏むこともありませんし、待ち時間を短縮できます。カード発行後は併設されたATMで借入が行えますが、最近ではコンビニのATMでも利用できるところが増えているため、どちらにしてもそう時間はかかりません。しかしここでも審査の時間はありますので、そういった手間を考えると20時までには申込を済ませておいたほうが確実でしょう。時間に余裕がない方や14時までに間に合わなかった方、他人と顔を合わせたくない方などにもおすすめの方法です。

 

24時間の対応

先程も記述した通り口座振り込みを希望する場合には、平日のみの利用で14時までには申込を済ませなければなりません。しかしプロミス独自のサービス「瞬フリ」を利用すると24時間365日、手数料0円での即日融資が可能になります。さらに最短10秒での振込も特徴で深夜の依頼にも対応しています。ただしこれを利用するには条件があり、三井住友銀行かジャパネットバンクの口座を開いている必要があります。一般銀行が対応できなきゃ振込を行うため指定の銀行口座が必要になってくるのです。

 

登録の受付は22時まで

もしも指定の口座を開いていた場合にも注意してほしいのが、口座登録の受付です。瞬フリはホームページの会員サービスにログインを行ない、振込先の口座を指定の口座に登録してからネットで申込を行なうのですが、この口座登録受付が22時までに決められています。瞬フリ自体は深夜でも利用できるのですが、登録は22時までなので登録はそれまでに済ませておきましょう。

 

休日・夜間でも利用可能なプロミスの申込み詳細はこちら

 

まとめ

以上がプロミスの即日融資の詳細になります。自動契約機の利用時間や14時までに申込を済ませなければならない点などに関しては他者と比較してもほとんど同じようなものですが、プロミス独自の瞬フリの存在は圧倒的と言えます。今後とも長くキャッシングを利用する予定があるのならば、この際に指定の口座を開いてみるのも悪くないでしょう。しかしどの方法を取るにしてもネットからの申込が大いに役に立ちます。また、即日融資を希望するのであればできるだけ時間に余裕を持って利用することが確実ですので、早めの申込を心がけましょう。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMFGグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス