MENU

ブラックリストは一生残るわけではない

返済が難しい状況なら債務整理で負担の軽減を

借金の返済時には利息負担も発生する為、借りた金額と収入のバランスがきちんと取れていないと返済を続けていくことが困難になってしまう方もいます。しかし、返済の為に他社からお金を借りるのも得策ではありません。返済の為に借金を続けてしまうと、最終的には多重債務になってより状況が悪化してしまう可能性があるからです。

 

多重債務になってしまうと、ますます返済の負担は大きくなります。しかも最終的には借り入れ件数が多くなり過ぎて、新規のキャッシング利用が出来なくなってしまう可能性が出て来ます。最後には闇金からしかお金を借りられなくなってしまうかもしれないので、そうなる前に適切な対処をする必要があります。弁護士や司法書士に相談し、状況に合わせて最適な債務整理を行ってください。

 

債務整理をするとブラックリストになる

債務整理を行うことで、返し切れない借金の負担を軽減することが可能です。多重債務に陥ってしまった方などを救済する為の方法だと言える債務整理ですが、これを行うと信用情報に事故情報として記録されてしまいます。いわゆるブラックリストの状態になるのです。

 

ブラックリストに載ってしまうと、今後のローンやキャッシングの利用に大きな影響が出ます。金融機関はブラックリストに載っている消費者に対して融資を行う事はありません。つまり、債務整理をすると新たなローンやクレジットカードの利用が出来なくなってしまうのです。

 

債務整理をすることで借金の負担を軽減することが出来ますが、必ずしも望ましい方法というわけではありません。法的に認められた手段ではあるものの、債務整理を行うことで大きく信用を損なう事になるのです。これはどうしても避けられない事なので、出来るだけ債務整理の必要が生じないようなキャッシングの利用を心掛けましょう。

 

ブラックリストはいつか消える

債務整理によって生じた事故情報は、今後のキャッシング商品やクレジットカードの利用に絶大なデメリットをもたらすことになります。しかし、一度記録された事故情報は一生残ると言うわけではありません。信用情報機関での情報記録期間が経過すれば、その後きちんと抹消されるのです。事故情報が抹消されれば、再びキャッシング商品やクレジットカードの利用が可能になります。

 

ブラックリストから解放されるまでの期間は信用情報機関によって異なります。また、3種類ある債務整理の手段によっても情報が残される期間には違いがあると言われています。任意整理と個人再生は概ね5年間で情報が抹消される傾向がありますが、自己破産は10年経たないと事故情報が消えない場合が多いです。万が一債務整理をする場合は、事故情報が消えてから次の金融商品の利用を行うと良いでしょう。

 

しかし、5年ちょうどで事故情報がきちんと抹消されるとは限りません。タイミング次第ではまだ事故情報が残されてしまっている可能性もあるので、自分がブラックリストの状態なのか否か不明な場合は、信用情報機関に情報の開示請求をしてみると良いでしょう。信用情報はきちんと手続きをすれば閲覧することが出来るので、新たにキャッシングに申し込む前に確認してみてください。

 

ブラックリストに載ってしまっている間は、他の金融商品を新たに利用することが難しいです。しかし、その間にもお金が必要になることもあるかもしれません。そういう時はブラックOKと書かれているキャッシング会社を使いたくなってしまうかもしれませんが、この手のキャッシング会社はほとんどが闇金業者だと判断して間違いありません。つい利用してしまうと再び借金苦に陥る危険性が非常に高いので、たとえブラックリストの状態でも、絶対に利用しないようにしてください。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMFGグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス