MENU

非正規雇用の方が利用するためのポイント

パートやアルバイト、派遣の仕事は一般的に非正規雇用の職種と区分されてしまいます。雇用方法がいくつも存在する今の時代にはそのような方も多くいることでしょう。非正規雇用は正規雇用の方に比べると収入も低く、安定しているとは言えません。しかし、だからこそキャッシングが役に立つと言えるのではないでしょうか?では、そもそも非正規雇用の方にプロミスを利用することができるのか、結論から言ってしまうと利用することはできます。しかし正規雇用に比べると審査が難しくなるのも事実です。そのため今回は非正規雇用の方がプロミスを利用するためのいくつかのポイントを紹介していきますので、是非参考にして下さい。

 

派遣社員のプロミス利用

既に記した通り非正規雇用の方であってもプロミスを利用することはできます。プロミスの審査で重視されることは返済能力の有無であり職種ではありません。その返済能力に関しても金額の多さではなく、安定しているかどうかですので、派遣社員の方であろうともこの条件をクリアしていればプロミスを利用することはできます。利用できる年齢は20歳〜69歳までと限られていますが、それ以外の規制はありません。

 

審査に通過するためのポイント

派遣社員の方でもプロミスを利用できることは分かっていただけたと思いますが、実際に借入を行うにはそのための審査に通過する必要があります。ここでは主に、何度も述べている返済能力の有無を判断するのですが、様々な雇用形態がある派遣社員の中には審査に不利なものも存在します。例えば、月に数回の出勤や日雇いの場合です。このように勤務日数が定まっていないと安定していると判断されないことが多いです。また、勤め始めたばかりという方も同じようなことが言えます。勤務年数は長ければ長いほど安定していると判断されます。もしも転職を考えている場合には、その前に利用してしまうことをおすすめします。派遣社員の方は、パートやアルバイトと違い自ら勤務日数を決められないため事前にできる対策も少ないですが、収入証明書は準備しておくと良いでしょう。特に比較的新しいもの、直近2カ月以内のものが理想的です。

 

パート・アルバイトのプロミス利用

 

正規雇用や派遣社員に比べても利用するのが難しいように思われるパートやアルバイトですが、こちらも安定した収入源が確保できていればプロミスを利用することができます。最近ではパートやアルバイトの方でも利用できることをセールス文句として掲げている大手消費者金融は数多く見られますので躊躇する必要はありません。しかし消費者金融であるプロミスには年収1/3以上の借入を規制する総量規制がかかってくるため限度額ご比較的少なくなってしまうことは覚悟しておいてください。

 

審査に通過するためのポイント

パートやアルバイトの場合でも審査のポイントは同じです。そのため勤務日数が少なかったりすると安定していないと判断されますので注意してください。しかし派遣社員とパートやアルバイトの大きな違いは自ら勤務日数、時間を希望できるところです。実際、複数の仕事を掛け持ちしていると審査に通過しやすくなりますし、その分限度額も増えるため大きい金額の借入が望めます。パートやアルバイトの方の対策としては、できるだけ仕事の時間を増やすということです。ただ、複数の仕事を掛け持ちしている場合に注意してほしいのが、申込の際に1つの仕事の収入だけを申告しないということです。これでは1つの収入だけに基づいて審査が行われてしまうため、収入の総額を申告するようにしましょう。

 

まとめ

以上のようにプロミスでは非正規雇用の方であってもキャッシングを利用することができます。ただ、安定した収入源とは言っても最低5?6万円程の収入は必要になるため注意してください。また、それでも不安だという方にはプロミスのホームページで受けられる借入診断をおすすめします。生年月日や年収などを入力するだけで簡単に仮審査が受けられるのでその結果を確認してから本審査に臨むと良いでしょう。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMFGグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス