MENU

そのために安定した収入源が必要です

キャッシングの利点は何と言ってもその利便性と、誰でも利用ができるというところにあります。そしてこれは正規雇用の方に限ったことではありません。プロミス審査で最も重視されるのは返済能力の有無にありますが、これは金額の多さでのことではありません。安定した収入源がありさえすればアルバイトやパートなどの非正規雇用の方にも利用することができます。つまり、収入源の確保ができていれば、たとえ主婦の方であろうともプロミスを利用することができるのです。家計をお金をやりくりする主婦の方であれば「今月は生活費が足りない」という経験は少なくないはずです。そんな主婦の方にこそプロミスのキャッシングは大いに役立ってくれることでしょう。今回は主婦の方がプロミスを利用するためのポイントについて紹介していきます。

 

内職をしている主婦は利用できるの?

プロミスの審査で最も重視されるのは返済能力の有無です。安定した収入源さえ確保できていれば誰でも利用することができます。それでは内職で得た収入は返済能力に該当するのでしょうか?正直、簡単に肯けないのが本当のところです。安定した収入とは言え、ある程度の金額は必要になってきます。具体的な定義あるわけではないですが、少なくとも5?6万円程の収入は必要と言えます。そのため全ての内職がそうだと言うわけではないのですが、内職のように収入が少ない場合には返済能力が無いと判断されてしまうかもしれません。しかし在宅ワークのように継続して一定の収入が確保ができていれば利用の可能性はあると言えます。

 

専業主婦がプロミスを利用するには?

そもそも収入のない専業主婦の方にプロミスを利用することができるのでしょうか?結論から言うと、利用するのは難しいです。何度も言うようにプロミス審査で重視されるのは返済能力があると認められるだけの安定した収入源です。職種で区分するようなことはありません。そのためパートやアルバイトをしていれば主婦の方でも利用することができるわけです。しかし専業主婦の方ではその収入源が存在しません。会社側からしても無償でお金を配っているわけではないため、返済ができないとはなから分かっている人に貸し出すことはできないのです。また、プロミスのような消費者金融でキャッシングを利用する場合には、必ず総量規制という法律がかかってきます。これは年収1/3以上の借入を規制するものです。収入源がない、つまり収入0円の1/3は0円ですよね?このようにそもそも法律で規制されているため貸出を行ってしまった会社は法律違反になってしまうのです。もちろんそんな会社はありません。しかし専業主婦の方がキャッシングを利用できないとは言っていません。その方法としては銀行系の会社を利用することです。まず、銀行系は総量規制がかからないため収入がない人にも貸出を行うことができ、その金利の低さも特徴です。しかし審査が厳しく簡単に利用できないのも確かです。それならば一見無理なようにも思えますが、銀行系では配偶者の収入に基づいて審査を行ってもらうことができます。そのため配偶者の同意書が必要になり、通常よりも限度額は低く設定されてしまいますが利用は可能です。

 

まとめ

主婦の方にもプロミスは利用できると分かっていただけたでしょうか?ポイントとしては、安定した収入源を証明できるかにかかってきます。銀行系の会社を利用する時にも言えますが、収入証明書などがあると審査がスムーズに進むことも考えられるため事前に準備しておくことをおすすめします。また、消費者金融であっても配偶者の名義で申し込むという方法もありますので覚えておきましょう。もしも自分の収入では不安という場合にはプロミスのホームページで利用できる借入診断を受けてみてください。生年月日や年収を入力するだけで簡単に仮審査が受けられます。また、仕事の時間を増やしてみるのも良い対策です。無理のない借入を利用することを心がけてください。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMFGグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス